ここでは、セミナーの企画や、塾や、趣味やスポーツの指導を行うサービス等を提供する場合の区分を説明します。

このようなサービスを提供する場合、41類に該当します。41類は、教育サービス、芸術/創作/映像サービス、スポーツサービスなどがあてはまります。

例えば、以下のサービスなどです。

・ヨガ教室やストレッチ教室

・スポーツ教室

・音楽教室

・資格ビジネス

・コーチングサービス
などです。

このようなサービスの名称として商標を登録する場合、区分については41類をご検討ください。なお、万が一区分の選択を間違った場合でも、提携弁理士による修正の機会がありますので、ご安心ください。

回答が見つかりましたか?