商標が実際に登録できるかどうか、不安に思っている方は多いです。この記事では、識別力のない商標の主なケースについて解説します。

識別力のない商標は登録できないとされています。商標とは、一般的には、自己の商品・役務(サービス)と他事業者の商品・役務を「識別」するために使用するためのものです。そのため、そのような識別ができない文字やロゴなどは、識別力がないとされ、登録ができません。

1.一般的な用語として、業界内で当たり前に使用されている

「時計」「観光ホテル」「デコレーションケーキ」など、すでに普通名称として存在していたり、同業者間で普通に使用されているものは登録できません。

※固有名詞をつけたり、消費者が商品を見て混同することのないユニークなネーミングにすることで回避できる場合がございます。

2.品質や効能などを表示するのみになっている

ブラウスにたいして「シルク」、自動車の輸送サービスについて「関東一円」など、商品やサービスに対して単に品質や販売地、用途などを表すものは認められていません。

※こちらも固有名詞をつけるなど、その態様によっては認められる場合もあります。

3.地域名+商品(サービス)名

禁止されているわけではありませんが、多くの場合認められません。

いわゆる「地域ブランド」などの場合は、隣接の都道府県等一定の範囲で周知性を得ていることが条件に、事業/農業協同組合等の法人格を有する団体が登録を受けることができます(地域団体商標制度)。

そうではない場合は全国的に著名性を獲得している等多くの要件が必要となります。


Cotoboxの検索機能では、1~3の観点を検知できません。
もしご自身で判断がつかない場合や詳細な説明をご希望の場合は、プレミアムプランで提携弁理士にご質問されることをお勧めいたします。

関連記事:検索結果で「×」が出てしまった

まずは、出願をシミュレーションしてみましょう!

_
初めてご利用ですか? 新規アカウントはこちら

回答が見つかりましたか?