商標検索の使い方を詳しく解説します。

この記事では例として、「コトコトボックス」というおもちゃ屋さんの店名を登録したい、と考えてます。

1.商標を入力

まず、検索ボックスに登録したい商標を入力します。
ここで入力する商標とは、商売で使用する商品名、サービス名、会社名などです。

この例では「コトコトボックス」と入力し、検索ボタンをクリックします。
しかし、「コトコトボックス」とだけ検索しても、まだ検索結果は表示されません。

2.区分の検索

次に、「商標の使い道や関連するキーワードを入力」に、その商標に関係するキーワードを入力します。

この例では、「おもちゃ」と入力しました。すると、おもちゃに関係する区分の候補が表示されます。

(1)区分とはなんですか?

区分とは、全45種類からなる商標のカテゴリです。
商標登録をするには、商標だけでなく、それぞれの区分に記されている小項目を指定しなければなりません(関連:区分とは)。

(2)なぜキーワードの入力をするのですか?

区分だけで45種類、さらに小項目も含めると膨大な数が存在します。そのため、自分に合った区分・小項目を見つけることは大変難しいです。キーワードを入力することで、膨大な選択肢から数個の候補に絞り込むことができます。

(3)どのようなキーワードを入力すればいいですか?

キーワードについては、どんな商品・サービス・業務領域で商標を使用するかを考え、思い浮かんだ言葉を入力してみましょう。

例えば、商標をアパレル業界で使用するのであれば「洋服」、IT系の会社なら「WEB開発」、セミナー活動なら「教育 企画」などのキーワードを入力してみてください。

(4)しっくりくる区分候補が表示されませんが、どうすべきですか?

あなたの商標に見合う区分候補が表示されない場合、任意で1つ小項目を選んで次に進んでください。注文前に「〇〇という商売をしているが、区分に不安がある」とコメントを残しておくことで、提携弁理士が修正対応してくれます(関連:区分の選択に自信がありませんが、大丈夫ですか?)。

3.表示された小項目を選択し、検索結果を確認

表示された区分の小項目にチェックマークを入れてください。「登録したい商標+選択した小項目」について、似ている商標がないかどうかを確認できます。

上の画像は「おもちゃ」と入力し、該当しそうな小項目にチェックマークを入れた様子です。

商標をおもちゃ屋の店名に使いたいのであれば、「おもちゃ・人形及び娯楽用具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供」が近そうです。検索結果は「〇」で、すでに登録されている商標はなさそうだということが分かりました。

4.出願に進む/ページを保存

「出願に進む」「ページを保存」いずれかのボタンを押してください。

出願に進みたい場合、「出願に進む」ボタンを押してください。Cotoboxの提携弁理士に対し依頼できます。

他にも色々な商標の候補を検討したい場合、「ページを保存」ボタンを押してください。検索結果が保存され、マイページからいつでも確認できます。

関連記事

5.その他

(1)ロゴを出願したい場合、トップページのタブを「ロゴ」に切り替えてください

商標のタイプには、文字とロゴ(図形)があります。
ロゴでの出願を希望する場合、トップページのタブを「ロゴ」に切り替え、画像をアップロードしてください。

1つの商標出願で注文可能な商標のタイプは、1つだけです。例えば、「Cotobox」という文字とロゴを商標登録したい場合、2つの商標出願が必要です。(関連:文字/ロゴどちらにすべきか分からない

(2)区分一覧からの選択も可能です(上級者向け)

既に出願したい区分が明らかになっている場合、画面左の区分一覧のタブを展開してください。
ご自身で一覧から1つ1つ小項目を選択できます。

■必要な答えが見つかりませんでしたか?

Cotoboxは随時記事の更新をしています。
下にある顔文字の「😔」を選択して、ぜひこの記事で解決できなかったことを教えてください。

まずは、出願をシミュレーションしてみましょう!

_
初めてご利用ですか? 新規アカウントはこちら

回答が見つかりましたか?