この記事は、ロゴを出願する方むけの記事です。

ロゴを出願することを決めても、どのロゴを出願すべきか、どうすれば効率よく権利範囲をカバーできるか不安になることがあるかもしれません。

その場合、以下の方法を参考にしてみてください。

1.「シンボルマーク+文字ロゴ」の組合せロゴを使用している方

(1)最も良い方法:シンボルマークと文字ロゴを分けて出願する

「シンボルマーク」と「デザインされた文字」の組合せでロゴを持っている場合、それぞれを別々で出願するのがおすすめです。


こうすることで、並び順を変えて使用したり、単独で使用するなど、様々な利用シーンに適応できます。

<なぜ別々に出願するのか>
たとえば、シンボルマークと文字が一緒になったロゴを商標登録したとします。その後、もしだれかに一部改変されたロゴを使用された場合、権利を主張することは可能です。しかし、全く同一ではないので、当然相手方には反論の余地を残すことになってしまうのです。

これに対し、別々で商標登録していれば、改変されていない部分のみでも商標権を有しているので、権利をより強く主張することができるのです。

(2)コストを抑えたい場合

コストを抑えながらロゴを保護したい場合、最も使用頻度の高いロゴを出願してください。

最も色々な組合せにも対応できるのは、前述のとおり、シンボルマークとデザインされた文字ロゴを分けて出願することです。しかし、別々の出願は料金も倍となるので、取り急ぎ安価で商標登録したい方は最も使用するロゴを選びましょう。

2.デザイン化された文字のロゴを使用している方

Google、SONYのロゴのように、「シンボルマークは特になく、デザインされた文字だけを持っている」場合はどうすればいいでしょうか?

デザインされた文字の場合、ロゴで出願するのではなく標準文字で出願するのがおすすめです。
しかし、書体に特徴があって、そのデザインが重要だと考えているのであれば、ロゴで出願すべきです。

文字かロゴ、どちらも出願することが望ましいですが、どちらか1つという場合、ロゴは今後変更の可能性もあり、まず文字を商標登録しておく(読み方が保護されている)ことは、何かと都合がよいです。

【関連】文字/ロゴどちらにすべきか分からない


3.シンボルもデザイン文字もセットのロゴを使用している方

デザインによっては、上記のように「シンボルもデザイン文字もセット」というロゴのみを使用していることもあるでしょう。その場合、使用しているロゴを出願してください。


参考: 色は権利範囲に影響するか

デザインされたロゴは当然カラーを使用していることもありますが、色違いの場合も商標権によって保護されるのでしょうか。

結論からいうと、実際にご使用いただいている色でご注文いただければ問題ありません。モノクロで使用した場合など、類似の色にも権利範囲が及びます。

4.関連リンク

まずは、出願をシミュレーションしてみましょう!

_
初めてご利用ですか? 新規アカウントはこちら

回答が見つかりましたか?