この項目では、特許庁の審査結果で、登録できない旨のお知らせが来た場合について解説します。

拒絶理由通知には、登録できない理由が記載されています。
しかし、その理由によっては書面で対応することにより、登録できる可能性が充分にあります。

担当弁理士からメールにてお知らせしますので、対応をご相談ください。

回答が見つかりましたか?