検索結果で「X」が出て、注文できない場合はこちらの記事をご確認ください。

-------
1.なぜ「X」がでるのか?
2.登録の可能性が下がるかもしれないチェックリスト4つ
 (1)既にある商標に類似していないか
 (2)一般的、業界内で当たり前に使用されていないか
 (3)品質や効能などを表示するのみになっていないか
 (4)「地域名+商品(サービス)名」の場合
3.それでも登録の可能性を探したい
 (1)名称変更にこだわりがない場合
 (2)名称に強いこだわりがあり、チャレンジしたい場合
-------

.

1.なぜ「X」がでるのか?

特許庁は、同じ商標だけではなく、似ている商標がある場合でも登録を認めません。

Cotoboxでは、同一又は類似と思われる登録商標又は出願中の商標に対し「X」を表示します。

さらに、その項目を選択・注文できないようにしています。これにより、ユーザーの商標が登録できないというリスクを事前に回避するようにしています。

■さらに詳しく

例えば、セブン・イレブンに対抗して「ゼブンイレブン」というそっくりな小売店が出来たらどう思いますか?

すでに登録されている商標は、専用権(指定した商品・サービスについて独占的に使用する権利)に加え、禁止権(他人が似ている商品・サービスを使用することを禁止する権利の効力を有しているため、特許庁に類似と判断されたものは拒否されます。

.

2.登録の可能性が下がるかもしれないチェックリスト4つ

特許庁は企画出版物などで、商標法の規定や商標調査について多くを記載しています。
.

(1)既にある商標に類似していないか

外観や発音、意味が似ていたり紛らわしいものは拒否される場合があります。

仮に、文字を英文字・ひらがな・カタカナで試して、判定結果が「 × → △ 」に変わったとしても、それはよい方法ではありません。
Sonyに対して、他人が「そにー」「ソニー」「sonny」などを登録できないのと同じです。


・「SONY」→テープレコーダーで「SONY LINE」を出願しても、他の商標に類似
・「くろしお観光ホテル」→宿泊施設「くろしお」を出願しても、慣用的な部分を省くと類似
・「PANDA FOX SOUND 」 →「PANDA FOX」を出願しても、簡略化される可能性をみると類似

.

(2)一般的、業界内で当たり前に使用されていないか

「時計」「観光ホテル」「デコレーションケーキ」など、すでに普通名称として存在していたり、同業者間で普通に使用されているものは登録できません。

固有名詞をつけたり、消費者が商品を見て混同することのないユニークなネーミングをすることがポイントです。

.
(3)品質や効能などを表示するのみになっていないか

ブラウスにたいして「シルク」、自動車の輸送サービスについて「関東一円」など、商品やサービスに対して単に品質や販売地、用途などを表すものは認められていません。

こちらも固有名詞をつけるなど、その態様によっては認められる場合もあります。

.

(4)「地域名+商品(サービス)名」の場合

これは認められない場合ではありませんが、注意が必要です。
いわゆる「地域ブランド」などの場合は、隣接の都道府県等一定の範囲で周知性を得ていることが条件に、事業/農業協同組合等の法人格を有する団体が登録を受けることができます(地域団体商標制度)。そうではない場合は全国的に著名性を獲得している等多くの要件が必要です。

.

3.それでも登録の可能性を探したい

特許庁に拒否された場合は、反論の機会が設けられています。しかし、それでも認められない場合もあり、時間は長期化し、費用も増えることとなります。(諦めたり、認められなかった場合は出願費用は戻りません)

(1)名称変更にこだわりがない場合

サービスリリース前などでフットワークが軽く、万全を期したいのであれば、文字の付加等、商標の変更をご検討下さい。Cotoboxの検索結果で得られる「〇、△、×」をご参考にお願いします。ご注文はオンライン上にてそのままでき(エコノミープラン)、区分・小項目の内容は注文後に専門家によって修正してもらうことができます。

(2)注文前から専門家のサポートを必要とする場合

権利侵害を回避しつつ、新しいネーミングを検討が可能です。
お問い合わせページからプレミアムプラン申込みの旨メッセージをお送りください。


まずは、出願をシミュレーションしてみましょう!

_
初めてご利用ですか? 新規アカウントはこちら

回答が見つかりましたか?