「XXXXというネーミングは、商標登録できますか?」というご質問については、こちらの記事をご覧ください。

(注意)商標の審査は、すべて特許庁によって行われます。
Cotoboxの判定結果は、商標登録を保証するものではありません。

-------
1.はじめに:その名称は、消費者から混同されませんか?
2.登録の可能性が下がるかもしれないチェックリスト4つ
 ①既にある商標に類似していないか
 ②一般的、業界内で当たり前に使用されていないか
 ③品質や効能などを表示するのみになっていないか
 ④「地域名+商品(サービス)名」の場合
3.それでも登録の可能性を探したい
-------

.

1.はじめに:その名称は、消費者から混同されませんか?

Cotoboxへ寄せられる質問の中で、
「既にある商標から少し名前を変えて可能性が高まらないか?」という声が多くあります。

しかし、
セブン・イレブンに対抗して「コンビニ・ゼブンイレブン」というそっくりな小売店が出来たらどう思いますか?

すでに登録されている商標は、専用権(指定した商品・サービスについて独占的に使用する権利)に加え、禁止権(他人が似ている商品・サービスを使用することを禁止する権利の効力を有しているため、特許庁に類似と判断されたものは拒否されます。

以下では、より商標へ理解を深めてもらうために、いくつかのチェック項目を紹介します。

.

2.登録の可能性が下がるかもしれないチェックリスト4つ

特許庁は企画出版物などで、商標法の規定や商標調査について多くを記載しています。
.

①既にある商標に類似していないか

外観や発音、意味が似ていたり紛らわしいものは拒否される場合があります。

仮に、文字を英文字・ひらがな・カタカナで試して、判定結果が「 × → △ 」に変わったとしても、それはよい方法ではありません。
Sonyに対して、他人が「そにー」「ソニー」「sonny」などを登録できないのと同じです。


・「SONY」→テープレコーダーで「SONY LINE」を出願しても、他の商標に類似
・「くろしお観光ホテル」→宿泊施設「くろしお」を出願しても、慣用的な部分を省くと類似
・「PANDA FOX SOUND 」 →「PANDA FOX」を出願しても、簡略化される可能性をみると類似

.

②一般的、業界内で当たり前に使用されていないか

「時計」「観光ホテル」「デコレーションケーキ」など、すでに普通名称として存在していたり、同業者間で普通に使用されているものは登録できません。

固有名詞をつけたり、消費者が商品を見て混同することのないユニークなネーミングをすることがポイントです。

.
③品質や効能などを表示するのみになっていないか

ブラウスにたいして「シルク」、自動車の輸送サービスについて「関東一円」など、商品やサービスに対して単に品質や販売地、用途などを表すものは認められていません。

こちらも固有名詞をつけるなど、その態様によっては認められる場合もあります。

.

④「地域名+商品(サービス)名」の場合

これは認められない場合ではありませんが、注意が必要です。
いわゆる「地域ブランド」などの場合は、隣接の都道府県等一定の範囲で周知性を得ていることが条件に、事業/農業協同組合等の法人格を有する団体が登録を受けることができます(地域団体商標制度)。そうではない場合は全国的に著名性を獲得している等多くの要件が必要です。

〇まとめ

 ①既にある商標に類似していないか
→たとえば、SONYに対し「そにいぃ」「SONNY」「ソニー」は認められない
 ②一般的、業界内で当たり前に使用されていないか
→たとえば、「デコレーションケーキ」「時計」「開業コンサルタント」は難しい
 ③品質や効能などを表示するのみになっていないか
→たとえば、その業界のサービスのメリットやうたい文句をそのまま示す「関東一円」「疲労回復」などは認められない
 ④「地域名+商品(サービス)名」の場合
→「津軽りんご」「今治タオル」のような名称は条件が厳しい

.

3.それでも登録の可能性を探したい

特許庁に拒否された場合は、反論の機会が設けられています。しかし、それでも認められない場合もあり、時間は長期化し、費用も増えることとなります。(諦めたり、認められなかった場合は出願費用は戻りません)

また、Cotoboxにて事前調査やコンサルをご希望の場合は、プレミアムプランをご活用ください。


まずは、出願をシミュレーションしてみましょう!

初めてご利用ですか? 新規アカウントはこちら

回答が見つかりましたか?