この記事では、プランの違いを説明します。

エコノミープラン

ユーザー自らが、商標登録に必要な情報を入力するプランで、いわゆるD.I.Y方式のプランです。
具体的には、ユーザ自らが、
・登録したい商標の入力
・区分の選択
・指定商品・役務の選択
・出願人情報の入力
を行います。
区分と指定商品・役務については、AIアシストによりユーザーの事業に適した検索結果が表示され、その結果から選択することになります。

情報入力完了後、特許庁への出願を提携弁理士に依頼します。一方、入力した情報に納得がいかないようなら、弁理士に依頼せず、何度でもシステムを使って商標登録に向けた検討を行うことが出来ます。

依頼した弁理士は、特許庁に関する手続きを代理します。


プレミアムプラン

弁理士への相談が可能であり、従来通りの弁理士サービスです。よって、事前の商標調査、商標登録に関する書類作成、特許庁に関する手続き、全てを弁理士が行います。


【注意】

現在、Cotoboxはベータ版でのサービス提供のため、エコノミープランにおけるAIアシストの精度は弁理士レベルにまで達していません。しかし、特許庁への書類提出前に、提携弁理士がチェックの機会を設けておりますので、ご心配なくご利用ください。

.
.

ぜひ、直接チャットでもやりとりしましょう!

ログインはこちら

回答が見つかりましたか?