この記事では、プランの違いを説明します。

エコノミープラン

ユーザー自身で区分を指定し、その中の項目も選択します。よって、ほぼ、システムの補助を受けながら、ユーザ自らが必要情報を入力します。注文後、特許庁への出願を提携の専門家(弁理士)が代行します。

入力内容に誤りがあっても、特許庁提出前に弁理士のチェックの機会を設けており、無事登録された場合の権利範囲にも違いはありません。
【関連】選んだ区分に自信がない

プレミアムプラン

弁理士への相談が可能であり、従来通りの弁理士サービスです。よって、事前の商標調査、商標登録に関する書類作成、特許庁に関する手続き、全てを弁理士が行います。


【注意】

現在、Cotoboxはベータ版でのサービス提供のため、エコノミープランにおけるAIアシストの精度は弁理士レベルにまで達していません。しかし、特許庁への書類提出前に、提携弁理士がチェックの機会を設けておりますので、ご心配なくご利用ください。


まずは、出願をシミュレーションしてみましょう!

初めてご利用ですか? 新規アカウントはこちら

回答が見つかりましたか?