この項目では業界に関連する区分の一例をご紹介します。(この記事は順次更新します。「この業界が知りたい!」というご意見はチャットからお寄せください)

――――――
1.IT業界
2.飲食業界
3.アパレル業界
4.小売店(食品、雑貨など)
5.コンサル業界
――――――

1.IT業界

◆ニュースメディアなどのWEBサイト
→おすすめ区分...41、42、35など

41はコンテンツの提供を行う場合に該当します。
42はオンラインでのサービスを提供する場合です。
35は無料広告の設置など、広告収入を伴う場合です。

例...ヤフージャパン、オールアバウト、ロケットニュース24など
<New!>詳しい記事を公開しました。「ウェブサイトを設置する場合の区分選択
.
.

◆アプリ開発・ソフトウェア
→おすすめ区分...9、42など

9は、ダウンロード可能なアプリを提供される場合に該当します。
42はオンラインでのサービスを提供する場合です。

例...ポケモンGO、マネーフォワード、メルカリ、AbemaTVなど
<New!>詳しい記事を公開しました。「アプリ提供を行う場合の区分選択

.
.
◆SNS
→おすすめ区分...45、42、41、9、38、35など

45は、人との出会い(=ソーシャルネットワーキングサービス)に該当する区分です。
42はオンラインでのサービスを提供する場合です。
41は動画を試聴させるサービスに該当します。
9は、ダウンロード可能なアプリを提供される場合に該当します。
38はタイムラインなどの掲示板方式の場合に該当します。
35は無料広告の設置など、広告収入を伴う場合です。

 例...LINE、Facebook、Twitter、マッチングアプリなど
<New!>詳しい記事を公開しました。「SNS事業を展開する場合の区分選択

.
.

2.飲食業界

◆食品業界<食品会社、生産者>

→おすすめ区分...29~33ほか

野菜やくだものなど加工前の食品は31、ドライフルーツや冷凍野菜などの加工食品は29、ジュースは32、アルコール飲料は33などがあります。パンは30、調味料も30などさまざまです。ただし、卸売、小売業者は35となります。

 例...コカ・コーラ、ニチレイなど
<New!>詳しい記事を公開しました。「食品業界(生産者)の場合の区分選択
.
.

◆飲食業界<飲食店>

→おすすめ区分...43、30ほか

飲食物の提供は43になります。ただし、たとえば自店でお弁当を作って売ったり、自店のブランドでコーヒー豆を販売したりするときは30も該当します。

 例・・・いきなりステーキ、スターバックスコーヒーなど
<New!>詳しい記事を公開しました。「飲食店の場合の区分選択

.
.

3.アパレル業界

→おすすめ区分...25、35ほか多数

自社ブランドがある場合は25、セレクトショップのように他社ブランド製品を取り扱い販売している場合は35が該当します。ただし、かばんやアクセサリーなどがブランドとしてある場合は別の商品の区分に該当する場合があります。

 例・・・ユナイテッドアローズ、ビームス、cuneなど
<New!>詳しい記事を公開しました。「アパレル・ブランドの場合の区分選択

.
.

4.小売店(食品、雑貨など)

→おすすめ区分...35ほか

食品や百貨店のように、商材を仕入れて販売することは35になります。自社ブランドをお持ちの場合は商品の区分(1~34)に該当する場合があります。

 例・・・東急ハンズ、業務スーパー、楽天市場など

.
.

5.コンサル業界

→おすすめ区分...35、41ほか

企業向けコンサルなどが特に該当します。経営の診断又は経営に関する助言,市場調査などが35に含まれ、セミナーを企画したりすることが41に含まれます。「〇〇コンサルタント」などの場合はほかのサービス区分(35~45)が該当してくることもあります。

 例・・・マッキンゼー、グロービスなど


.
.

ぜひ、直接チャットでもやりとりしましょう!

ログインはこちら

回答が見つかりましたか?